売出と交渉

不動産会社への媒介契約の締結が完了すると、次のステップとして、実際に不動産の売り出しに進みます。

■ 不動産の売り出しとは?

不動産の売り出しには、売り出し価格というものを確定します。 この売り出し価格とは、その後の取引や売却活動において、大きな影響を与えることになりますので、しっかりと検討して確定するようにしてください。

自らの希望売却価格だけを押し通すのではなく、不動産会社による査定価格や周辺地域での売却の事例や、市場の動向というものも考慮し、慎重に決定するようにしてください。

■ 購入希望者との交渉

不動産の売り出しを行った後には、購入希望者との交渉がスタートします。
購入希望者が現れた段階で、売却条件の交渉が始まります。

価格の条件はもちろん重要となりますが、その他にも、希望の条件などはたくさんありますので、どの部分は譲歩し、どの部分は譲れないかといった条件面での要件をしっかりと把握し、条件交渉に当たりましょう。

また、売買契約を結んでしまう前に、物件情報については、詳しく購入希望者に開示するようにしてください。 売買成立後のトラブルを防ぐといった観点からも、物件情報の開示はとても重要なポイントになりますので、誠意を見せた交渉を行うようにしましょう。

さて、次のステップからが、売買契約のスタートとなりますので、あと少しのステップを踏ん張って取引を続けましょう。